人気ブログランキング |

陶房蟲蔵

mushikura.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

油蝉と七節

e0181885_1029962.jpg

e0181885_1029958.jpg

夏も終りに近付いてきますと、『つくつくぼうし』が鳴き始めるのですが、最近ちと事情が違うようです。
鳴くには鳴くのですが、それに混じって『みんみんぜみ』が幅をきかせているようです。
関東地方では蝉の代名詞ですが、ここ中部地方では『みんみんぜみ』ではなく、『あぶらぜみ』ではないでしょうか。
昆虫分布が少しづつ変わってきてるのですね。
そういえば『あぶらぜみ』の額についてる赤い点、子供の頃はルビーが付いてると思っておりました。キラキラしていて、なんとも綺麗ですよ。
実際は単眼なのですから、じっと観ている私に蝉もびっくりしたでしょう。
蝉のボディーは、西洋の甲冑を彷彿させます。膨らんだ曲線と細部の細工は、『カブトムシ』や『クワガタ』の比ではありません。自然の造形には、つくづく感嘆するばかり。もっともっと観察しなければ!
そしてこの『ななふし』。
擬態の最たるものでしょう。なんせ、動かないと本当に枝にしか見えません。質感も枯れてます。手足は簡単にもげます。触ると意外と軟らかです。危険を感じると素早く歩きます。それでもちゃんとパートナーを見つけ、子孫を残しているのです。
自然の営みには、ただただ感嘆するばかりです。
by mushikura | 2009-08-30 10:29 | 昆蟲発見記

9月の焼成スケジュール

素焼き11日、本焼き25日を予定しております。
なお、私用により19日20日は、教室をお休みさせていただきます。
9月の教室開催日は、5日6日7日12日13日14日21日26日27日28日です。
変更等あるかもしれませんが、よろしくお願いします。
by mushikura | 2009-08-29 13:20 | お知らせ

自分の仕事第五章

e0181885_18162277.jpg

e0181885_18162262.jpg

遂に最後の一押しです。
白い石膏の型を抜きます。
完成ですが、乾燥させます。
ヒビ無く、完全乾燥させます。
密封して湿度と温度を保ちます。
さてさてまだまだ気が抜けません。
by mushikura | 2009-08-27 18:16 | 陶芸日記

自分の仕事第四章

e0181885_3263167.jpg

8月26日 和傘の仕事を5時30分に終え、工房へ。
制作環境を整え、トゲ付け開始。
2時間毎に30分の休憩。
緑茶2リットル、唐揚げ弁当、ホープライト1箱を費やす。
腰と肘関節、指先に痛み。
只今8月27日午前3時。
そして…仕上がり半分…
by mushikura | 2009-08-27 03:26 | 陶芸日記

自分の仕事第三章

e0181885_18291949.jpg

以前ひっくり返ってた作品をおこしました。
粘土40キログラム。
大人二人でも、一苦労でした。おかげで腰が…
削ってラインを綺麗にします。使う道具はカッターの刃と金ノコギリの刃。中腰の作業で腰が…
ヒラヒラの際を綺麗に。そしてお馴染みのトゲを。またもや中腰!これ以上は砕ける!と思い、コンクールの地べたに座ると…固まってしまいました腰が…
腰を痛めた話しではありませんでした。
ただひたすらにトゲを付ける単純作業なのですが、意外と気を遣います。一列のつじつまを合わせながら、次の列の事を考えながら。
一息で全部付けたいのですが腰の調子と相談しつつ、ぼちぼちやります。
結局は腰の話し。
by mushikura | 2009-08-24 18:29 | 陶芸日記

自分の仕事第ニ章

e0181885_1535847.jpg

秋雨前線が出現しました。
また長雨となるのでしょうか。
平行して行う4つの仕事を9月末までに、やり尽くします。
できる力を最大に、最後の最後までやります。
自分自身の生活のために、頑張ります。
なんとしても、やり遂げなければなりません。
………最近の選挙演説の影響で、言葉尻が陳腐になってしまうのです。『やります』とか『頑張ります』とか稚拙過ぎやしませんか。
ましてや、その過程が見えてこない…おっとイケナイ!この辺りで止めとかねば。ギリギリアウトかな?
てなわけで、雨降る前に、仕事仕事。
by mushikura | 2009-08-20 15:03 | 陶芸日記

またまた見つけた!そして捕獲した!

e0181885_143536.jpg

ギラつく太陽のもと、ギラつく昆蟲発見!
工房の窓から外を眺めていると、エメラルドグリーンに光る飛行体。
『カナブン』か『シロテンハナムグリ』と思い目で追うと、シルエットが細長い!
急いで駆け出し、タモを片手に空を見上げる…
いた!太陽を乱反射させながら山へ山へと飛行中。
手の届かない場所に行ってしまったら、あきらめよう。でも、もしも届く場所に止まったら…なんだか恋愛感情に似た想い。
何度か見失ったその時!クヌギの幹にピタリと張り付いた。網が届く!
活発に飛び回る蟲に気付かれないよう、そっと近づき網を振る。
山を駆け降り、捕獲した蟲を震える手を抑えながらつかみ取る。
『玉虫』。ひと夏の興奮をありがとう!
by mushikura | 2009-08-14 14:03 | 昆蟲発見記

自分の仕事もしてます。

e0181885_14435736.jpg

来たる9月の常滑の公募展に出品すべく、作品作りも、晴れの日に。
ヒモ作りで形を作ります。まずは、下半分を積み上げて〜
by mushikura | 2009-08-13 14:43 | 陶芸日記

蟲蔵

e0181885_0524381.jpg

1976年 岐阜市生まれ
1997年 多治見工業陶磁科学芸術専攻科卒
2006年 織部の心作陶展入選
2007年 織部の心作陶展銅賞
2008年 織部の心作陶展入選
第8回国際陶磁器展美濃入選
2009年 朝日クラフト展入選
2011年 神戸ビエンナーレ入選

2008年から老舗和傘問屋「坂井田永吉本店」にて
和傘の制作を手伝う。
自宅工房「陶房蟲蔵」にて陶芸教室
出張陶芸やイベントでの粘土パフォーマンスなど多数参加。
生きる糧は子供の笑顔。
by mushikura | 2009-08-12 23:40 | 講師プロフィール

抜けた!

e0181885_1512996.jpg

原型として使った電球が、すんなりと抜けました。
いや、実は心配だったのです。
球体ってのは、真半分で区切らないと引っ掛かりができてしまい、抜けなくなってしまうのです。
『抜け勾配』ってのを考慮しないと。
石膏は膨張するし、離形する素材が原型でないと外れないし。
いろいろな不安要素の中で、電球が綺麗に抜けた時の快感ったら!石膏を買い、電球を原型に使い、石膏を流し込む準備をし、流し込んで固まるのを待つ。そんな過程がフラッシュバックされ、この二つの割り型に集約されるのです。
まだ『型』の段階でこんなに「熱い」と、焼き上がって製品となった時は溶けてしまいそうですな。
クールダウン、クールダウン。
まだまだ不安要素だらけの仕事は続く。
by mushikura | 2009-08-08 15:12 | 陶芸日記
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31